第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権で13歳中学2年の生徒が選ばれました。


聴覚障害者がプレーする「第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権」(4月24日~5月6日、韓国・昌原市)の女子日本代表に、山崎優子さん(13)=鳥取県境港第二中学校2年=が選ばれました。
同選手権はアジア太平洋地域の王者を決める4年に1度の大会。今回から設けられた女子の部に韓国、ネパール、日本が出場します。
山崎さんは先天性難聴で5歳の時に人工内耳の装着手術を受け、日常生活に支障はないそうです。
鳥取県南部町の西伯小学校1年の時にサッカー好きの父・文章さん(46)の影響で競技を始め、南部町のスポーツ少年団で鍛え、栄えある日本代表となりました。

山陰中央新聞 オンラインニュース

あと奈良県親の会副会長の山口さんの娘さんも背番号4で日本代表となってます。ぜひ皆さんで応援しましょう!

般社団法人日本ろう者サッカー協会 山口 彩芽

最初の優勝国としてぜひ頑張ってくださいね!ニッポン!ニッポン!