【ご報告】第43回全国難聴児を持つ親の会代表者研修会・総会 最終日

最終日は冒頭、「オーディトリーバーバルセラピーとは」と題して
NPO法人 声援隊 シュタイガー知茶子様の講演でした。

その後大変恐縮ですが、昨年度行いました、
「平成29年度総務省 障害を持つ児童生徒を対象としたプログラミング教育実施モデル実証事業」の報告をさせていただきました。

そして最後は期間中の振り返りや今後の課題などを庄司調査官も参加いただき活発な意見交換を行いました。

年々難しくなる難聴児教育ですが、私たち家族がしっかりと先見性を持った視野と様々な団体との交流を踏まえ、難聴児の未来のために何ができるかを一緒になって考えていける研修会になればと思っています。
今回ご出席がかなわなかった皆様、ぜひ次回はお越しいただき、様々な議論だけではなく交流をしましょう。
今回ご参加いただいたみなさん、ありがとうございした。