【活動報告】手話言語及び障がい者のコミュニケーションに関する条例支援 香川県難聴児(者)親の会


今年7月香川県難聴児(者)親の会は地元関連団体と連名で手話言語及び障がい者のコミュニケーションに関する要望を提出しました。

そして私たちの今までの取り組みや関連団体との連携が実を結び、

いよいよ来年条例が制定する運びとなりました。

条例の中身としては、

手話を言語として明確に認める。

要約筆記や点字を充実させる。

手話通訳者・要約筆記者への育成支援。

そして全国初となる音訳、すなわち音声をリアルタイムで文字化できるタブレット端末の活用。

が明記されることにもなりました。

現在取沙汰されております障がい者への雇用やまた国が進めています障がい者(児)への

ICT活用にもつながると言うことでとても注目されております!

#手話言語条例
#障がい者コミュニケーション条例
#音声会話リアルタイム文字化アプリ
#全国難聴児を持つ親の会
#香川県難聴児(者)親の会