【参加報告】第24回全国中途失聴者・難聴者福祉大会inやまぐち

11月24日(土)から開催の平成最後の全難聴福祉大会inやまぐち(幕末ISHIN)に来賓出席してきました。


24日は午後から聴覚障害に関する4分科会が開催。
第一分科会『最後まで自分らしい人生を送るための終活とは?』
第二分科会『「耳マーク」に関する疑問に答えます~耳マーク井戸端会議~』
第三分科会『きこえの健康支援の仕組みを学ぼう~この支援で変わるあなたの暮らし~』
第四分科会『ふくのまちで福祉を語ろう~医療受診から考える難聴者の住みやすい街とは?~』
分科会終了後に懇親会、その後各地区毎で二次会やら交流会に参加しました。
地元香川県中途失聴・難聴者協会さんたち二次会に参加して地酒やひれ酒を堪能…笑
すっかりと呑みすぎてしまってからの記念撮影!(^^;)



翌25日は朝から記念式典…
来賓出席のため冒頭からステージ上来賓席に着座…





その後表彰式や大会決議を発表後、以前個人的にお世話になった、
中央大学研究開発機構 秋山哲男教授による、
「聴覚障害者が抱えるニーズに応える街づくり・施設づくり」に参加して帰路につきました。

また25日は会場ロビーにて福祉機器展や各団体によるバザー販売などが行われていました。
様々な補聴器・人工内耳メーカーや支援機器メーカーと情報交換も忘れずに行ってきました。

来年は滋賀県彦根で開催されます!