全国難聴児を持つ親の会会則全国難聴児を持つ親の会会則
第1条 この会は、全国難聴児を持つ親の会と称し、事務局を東京に置く。

第2条 この会の目的は、難聴児の親が互いに協力し、悩みや問題を解決するため、世論を喚起し、難聴児の将来に対する生活設計を推進させることを目的とする。

第3条 この会は第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
1、難聴児の早期発見・早期療育・教育態勢の確立
2、福祉機関・教育機関・医療機関との連携
3、難聴児に対する福祉の推進と教育機関や社会への受け入れ態勢の確立
4、広報活動
5、会員相互の研修と交流
6、その他必要とされる事項

第4条    会員の構成
1、各都道府県等の親の会会員
2、個人会員
3、その他の会員

第5条 この会に次の役員を置く。役員は総会で選任し、任期は2年として再任を妨げない。
1、会 長  1名   会を代表してその業務を統括する。
2、副会長  若干名  会の業務を分担して会長を補佐する。
3、事務局長 1名   会長・副会長を補佐して会の業務を執行する。
4、会 計  1名
5、幹 事  若干名  各ブロック代表等
6、会計監査 2名   会計を監査する。
7、会長は、その他必要な役職を選任することができる。

第6条 この会の会議は次のとおりとする。
1、総会は毎年1回とし、必要により臨時総会を開催する。
2、総会は次の事項を審議し、決定する。
①会則の変更 ②事業報告及び収支決算 ③役員の選任 ④事業計画及び収支予算
⑤会費の承認 ⑥その他運営に関する重要事項、等。       3、総会の議決は、総会出席者の過半数の賛成を得なければならない。       4、必要に応じて役員会を開く。
5、総会および役員会は会長が招集する。

第7条  この会の経費は、会費その他を以て当てる。
1、会費は役員会で決定し、総会の承認を得るものとする。
2、会費には、定期刊行物の購読料を含むものとする。
3、この会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月末日までとする。

 

附則   この会の会則は、昭和44年10月1日に制定。            平成10年3月29日に改定。        平成23年4月17日に改定。同日より実施する。